園の概要

園の紹介

慈光保育園のご紹介

慈光保育園は、木造のお寺では九州で一番大きい「西本願寺四日市別院」の中にあります。
子ども達はみほとけ様に見守られながら、『いつもありがとうと言います。お話を良く聞きます。みんな仲良くします。』の「まことの保育」のもと、広い境内で伸び伸びと元気いっぱい過ごしています。
 
保育時間 7:00~18:00 
延長保育 18:00~ (希望者のみ・有料です)
休日保育 日曜日・祭日の保育も出来ます。(希望者のみ)
保育料  金額は市が決定いたします。
     納入は保育園が窓口となり、市へ納めます。
送迎   保護者の責任においてお願いします。
 
 

慈光保育園・保育理念

○児童福祉法の規定に基づき、保育を必要とする全ての子供の保育を行い、その健全な心身の発達を図ることを目的とし入所する子どもの最善の利益を考慮しその福祉を積極的に増進する。
○子どもが現在を最も良く生き、望ましい未来を作り出す力の基礎を培う。
○子どもが様々な人と出会い、関わり、心を通わせながら成長していくために、乳幼児期に最もふさわしい生活の場を豊かにつくりあげる。
○入所園児の家庭との緊密な連携の下に、子どもの状況や発達過程を踏まえ、園における環境を通して養護と教育を一体的に行う。
 

慈光保育園のめざしている保育

み仏の教えに基づいたまことの保育、家庭的な暖かさとゆとりをもち、
 
なかよく 心にあたたかさを
 やさしく 言葉にうつくしさを
  たくましく 態度にあかるさをもちましょう
 
を目標に、たてわり保育や障がい児との総合保育の中で思いやりのある子どもを目指しています。
*たくましくとは、明るく元気で強いだけではなく、我慢すること、譲ること、勝ち負けではない大切なこと、社会のルールやマナーを守ること等に気付くことです。
 
主体的な遊び保育の中にたくさんとりいれて自立の芽を伸ばす保育に取り組んでいます。

施設の概要

 本園は、昭和23年本願寺四日市別院仏教婦人会が中心となり、戦後の混乱期における幼児の幸せを念じ発足しました。
 昭和25年4月に認可保育所として開園し地域のために役立とうとしています。
 四日市地区は、市内4町の中では、商業の中心地であり、昭和55年以来、団地やマンション等、相次いで町部周辺に、比較的若い世代の住宅が急増してまいりました。このように環境の中で、毎年150名定員を超える保育の申し出があります。又、ここ数年前から当園では、地域活動・異年齢児交流・乳児保育・休日保育・障がい児保育・一時預り保育・時間延長保育など特別保育にも力を入れ保育ニーズに対応しています。これからも、地域に根づいた保育サービスを推進し、
[子ども達が楽しく 保護者が楽しく そして保育者自身も楽しく]     
そういう保育を目指しています。
*楽しくとは、安心・安全の信頼感です。
*子どもも大人も保育者もみんながお互いに育ちあう保育です。
 

園の概要

■会社名
社会福祉法人 常照会 慈光保育園
■所在地
〒879-0471 大分県宇佐市大字四日市1410
■電話番号0978-32-7381
■FAX番号0978-32-5896
■代表者
 理事長・園長 山田孝之 
■開園年月日昭和25年
■定員
150名
■職員
31名
■業務内容保育事業

交通アクセス

[住   所] 〒879-0471 大分県宇佐市大字四日市1410
[交通機関]  四日市バスターミナルより 徒歩約2分

苦情処理

保育園では利用者からの苦情・ご相談に適切に対応する体制を整えております。当園における苦情相談解決責任者、苦情相談受付担当者及び第三者委員を下記により設置し、苦情・相談解決に努めることといたします。
保育園では利用者からの苦情・ご相談に適切に対応する体制を整えております。当園における苦情相談解決責任者、苦情相談受付担当者及び第三者委員を下記により設置し、苦情・相談解決に努めることといたします。
 
1.苦情相談解決責任者
 
山田 孝之(園長)

 
2.苦情相談受付担当者
 
川島 和恵(主任保育士)、南 扶美(副主任保育士)

 
3.第三者委員
 
(1)渡辺 一央
(2)永野 清彦
 
 

 
4.苦情・相談解決の方法
 
(1)苦情・ご相談の受付
苦情・相談は面接、電話、書面などにより苦情相談受付担当者が随時受け付けます。なお、第三者委員に直接苦情・相談を申し出ることもできます。
 
(2)苦情・相談受付の報告・確認
苦情相談受付担当者が受け付けた苦情・相談を苦情相談解決責任者と第三者委員(苦情相談申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。第三者委員は内容を確認し、苦情相談申出人に対して、報告を受けた旨を通知します。
 
(3)苦情・相談解決のための話し合い
苦情相談解決責任者は、苦情相談申出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。その際、苦情相談申出人は、第三者委員の助言や立ち会いを求めることができます。なお、第三者委員の立ち会いによる話し合いは、次により行います。
 
ア.第三者委員による苦情・相談内容の確認
イ.第三者委員による解決案の調整、助言
ウ.話し合いの結果や改善事項等の確認
 
(4)大分県運営適正化委員会
大分県運営適正化委員会は、公正・中立的な立場にある社会福祉、法律、医療の学歴経験をもつ委員により構成された第三者機関であり、福祉サービスに関する苦情の適切な解決を行います。
(介護保険事業者は国保連、市町村も紹介)
本事業者で解決できない苦情は、大分県社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会に申し立てることができます。
 
 
 

定款

定款

(2017-09-12・209KB)

役員及び評議員の報酬等に関する規程

社会福祉法人 常照会
慈光保育園
〒879-0471
大分県宇佐市大字四日市1410
TEL.0978-32-7381
FAX.0978-32-5896
保育事業