本文へ移動

各クラスの紹介

クラスの紹介

各クラスの紹介文

たんぽぽ組

ハイハイや伝い歩き、歩行がとても盛んになってきました。戸外では保育者と一緒に手をつないで歩いたりボール蹴りやすべり台で活発に遊んでいます。砂遊びが大好きでスコップですくってみたり、手で「ギュッ」と掴んだりしながら砂の感触を味わっています。
今月も寒さに負けず、元気に過ごしたいと思います。

ちゅうりっぷ組

 戸外に出る事を喜び、靴を持って園庭に駆け出す子ども達。
段ボールの車に友だちと一緒に乗ったり、砂や落ち葉を料理に見立てては、友だちと‟どうぞ“のやりとりを楽しみました。
 室内では、パズルにも挑戦!自分では、はめ込むことができなかったのが絵や形を見て、完成させることができるようにもなる子どもも出てきています。沢山の‟できた”を味わいたいと思います。今月もビニール凧あげなどお正月ならではのあそびを楽しみたいと思います。

すみれ組

2022年が始まりました。寒い中でも子どもたちは元気いっぱいです。12月は舞う木の葉を夢中で追いかけたり「みーつけた!」と、きれいな落ち葉を集め、模様を作り、季節の変化を感じました。「だるまさんがころんだ」「あぶくたった」のルールのある遊びも、始めは保育士と一緒でしたが、段々と友だち同士で楽しむ姿も見られました。手指で細かい動作をするようになり、ボタン掛け、リモーザー、ラキュウーなど自分の作った結果がわかる遊びをし、達成感を味わっています。1年中で一番寒い時期、うがい、手洗いをしっかりして健康に過ごしていきたいと思います。


つき組

 戸外ではマラソンや体操で体を温め、氷鬼やサッカーなどで思いっきり体を動かしています。
 12月は、海賊になって探検したり弁当屋さんをオープンして売り買いをしたり、友だちとなりきって遊ぶことを楽しんでいます。
なわとびで自分の力を発揮したり楽器遊びで友だちと息を合わせることにも頑張っています。2022年も楽しいこといっぱい頑張る力もりもりのつきぐみにしていきたいです。

ほし組

 厳しい寒さになってきましたが、子ども達はなわとびやボール遊びなどで体を動かし、寒さを吹き飛ばしています。
 なわとびは、1人ずつのカードを持って技や回数を記録して「今日は~回跳ぶ!」と毎日、自分の目標に挑戦しています。
 保護者会主催のイベントでは、海賊団になりきって海の世界の冒険を楽しんだ子ども達。友だちと協力する姿や、とても生き生きとした表情が見られました。保護者会の方々、本当にありがとうございました。
社会福祉法人 常照会
慈光保育園
慈光児童クラブ
〒879-0471
大分県宇佐市大字四日市1410
TEL.0978-32-7381
FAX.0978-32-5896
保育事業
 
 
TOPへ戻る