各クラスの紹介

各クラスの紹介文

たんぽぽ組

たんぽぽ組は、新入園児9名でスタートしました。保育者に抱っこされたりあやしてもらったりしながらたくさんふれあい、いろいろな表情を見せてくれます。園外散歩をしたり、外気浴をして過ごしています。初めてのリトミックでは、声を出して喜び和やかな雰囲気でお母さんと一緒に参加し、とても嬉しそうな表情を沢山見せてくれました。

ちゅうりっぷ組

ちゅうりっぷ組の部屋や新しい環境にも慣れたきて安心して過ごせるようになって来ました。天気の良い日は外遊びや散歩をしてきれいな花をみたり、スズメのさえずりを聴いたり、春の心地良さを体で感じています。これからも気温の上昇に気をつけながら、友だちや保育者と関わって一緒に楽しく遊びたいと思います。

すみれ組

すみれ組に進級して1ヶ月がたちました。新しいお部屋での生活にも少しずつ慣れ始め、保育者と一緒に身支度をしたり、「トイレ行くー!」と排泄するなど意欲的な姿がたくさん見られます。保育者や友だちと関わって遊ぶことを楽しみ、園庭でもお部屋でも好きな遊びへ一直線な子ども達。その主体的な姿を大切に、毎日笑顔で過ごせるよう見守っていきたいと思います。

もも組

新年度に入り、一つ大きくなってももぐみになったことを喜んでいる子ども達。新しいクラス・環境にも少しずつ慣れてきています。お弁当を持ってくるようになり、給食の時間をとても楽しみにしています。園外活動ではキレイな春の花を見つけました。この一年間を通してたくさんの経験、成長をして行きたいと思います。

さくら組

桜や菜の花、ダンゴ虫など自然に触れることができました。桜の花びらを集めてシャワーのように投げたり「ダンゴ虫いたよ!」と友だちと声を掛け合い見つけて遊びました。また、雲梯や缶ポックリなど、新しいことにもチャレンジし、繰り返し遊び「できた!」という自信や「さくらぐみになった。」というやる気がたくさん見られ、たのもしさも感じています。

ゆり組

満開の桜の木の下でお花見をし、桜の花びらをたくさん集めたり、ダンゴ虫やてんとう虫などの生き物と触れ合い春の自然を満喫しました。外でたっぷり遊んだ後は「夏みたいやな~!」と汗をかき、タオルで拭いている子の姿も見られる程よく遊んでいます。これから気温が高くなる時期。しっかり水分をとって健康に遊べるよう援助していきたいと思います。
社会福祉法人 常照会
慈光保育園
〒879-0471
大分県宇佐市大字四日市1410
TEL.0978-32-7381
FAX.0978-32-5896
保育事業