本文へ移動

各クラスの紹介

各クラスの紹介文

たんぽぽ組

新しい環境にも少しずつ慣れてきて保育者と一緒にふれあい遊びをすると声を出して喜んだり、可愛い笑顔をたくさん見せてくれるようになりました。
寝返りやお座りも上手になり、手足をバタバタ動かしたり、ずり這いや伝い歩きで好きなおもちゃのところまで移動してたくさん体を動かして遊んでいます。
歌を歌うと両手に持ったマラカスを楽しそうに降りながらノリノリのお友だちです。

ちゅうりっぷ組

新しいお友だちも加わり16人でにぎやかにスタートしました。お気に入りのおもちゃに夢中になって遊んだり、園庭の端から端まで探索したり、砂場でじっくり遊ぶ姿も見らます。段差を見つけると上がろうとしたり、よじ登ったりが好きなこの頃・・・すべり台にもたくさん挑戦し、笑顔で楽しく過ごしています。虫や花を見つけると「アッ、アッ」と指差しして一生懸命教えてくれる可愛い子どもだちです。



すみれ組

新しいお友達が増え、16人でスタートしたすみれ組さんも1ヶ月が経ちました。新しい環境に期待感を持って登園し、「これ読んで~」と絵本を持ってきたり、「なににしますか?」とお店やさんごっこをしたりと思い思いに楽しい時間を過ごしています。戸外ではシャボン玉を楽しんだり、月間絵本「きんぎょがにげた」にちなんできんぎょ探しをしました。すみれ組特製の手作りきんぎょ、「どこに逃げたかな~?」心配しながら探す姿が印象的で、見つけた時の嬉しそうな表情がとても微笑ましかったです。

つき組

新年度を迎え、新しい保育者や新しいお友だちとの関わりを楽しみながら、元気いっぱい遊んでいます。ゆりぐみさんやさくらぐみさんの子は、年下児のお友だちに優しくお世話しようとしたり、遊びに誘ったりと一番大きなお兄さんお姉さんになった自覚が少しずつ芽生えてきているようです。今月も保育者や友だちとゆったり過ごす中で、春の自然に触れたり、花まつりなどの行事も楽しみたいと思います。


ほし組

28名でほし組がスタートしました。最初は「ゆりぐみさん」「さくらぐみさん」「ももぐみさん」と呼ぶと「あれ?私たちのこと?」と戸惑う様子でしたが、少しずつ「はい!!」とお返事の声もはっきり大きくなってきました。戸外ではダンゴムシ、テントウムシ、チョウチョを見つけるとみんなで輪になって覗き込んでいます。自分のこいのぼりをスタンプやクレヨン、絵の具を使って思い思いに作りました。こいのぼりのように元気にたくましく大きくなっていきましょうね。

社会福祉法人 常照会
慈光保育園
〒879-0471
大分県宇佐市大字四日市1410
TEL.0978-32-7381
FAX.0978-32-5896
保育事業
 
 
TOPへ戻る